逃げた先にも道はある。

逃げた先にも道はある。 あなたの人生、続けたいのなら逃げてしまっていい。 でも、逃げても人生は続く。道は続くんだ。続いてしまうんだ。 それが楽しいか、そうじゃないかはわからない。そのことだけは忘れないでください。

体育会系のノリに救われた話

このブログでは体育会系を散々叩いてしまっている。

しかし、そんな私も体育会系のいい点である面倒見の良さ(この表現が適切かはわからない)に救われたこともたくさんある。

今日はそんな話をしたい。

 

箸の持ち方が良くなかった。

 

それは、内定者懇親会の夜だった。

内定者の仲間と会社のお偉方と、会場である会社の保養所でご飯を食べていた時のこと。

会社のお偉方(以下、A部長)が、内定者の箸の持ち方のジャッジを始めた。

B山は大丈夫、C田は微妙、D口はいいね、といった具合に近くにいる内定者に告げる。

そして私の番が来た。

「微妙」というジャッジだった。

気づいてはいた。しかし、握り箸ほど汚い持ち方ではないし放置していた。

心のどこかに引っかかりつつ、数年放置することになる。

 

数年後。

会社の先輩たちと飲みに行った先での出来事。

「お前なんだその箸の持ち方!直せ!」

その年に異動して来た先輩から言われてしまった。

しかしその時も、私は酔ってるからだろうなと思い大して気にせず放置してしまった。

 

明くる日、その先輩と食事する機会があった。

「だからお前それ直せって…!お客さんと食事いって、お客さんの前でそれ(箸の持ち方)はないよ!」

 

ハイ…

その後も事あるごとに指摘を受けた。

ずっといわれるのもつらいし、先輩にいわせてしまっているのも悪い。

ついに私は決心した。

 

矯正箸を買おう。

でも、矯正箸って子供用のイメージしかないな。探そう。

あっさり発見した。

通販で買った。

 

最初は持ち方を覚えるのがややしんどかった。手も疲れる。そして矯正箸以外では正しい持ち方ができない。そんな状態だったものの、気づいたらちゃんと持てるようになったし、以前よりは確実に良くなった。

 

少し時は経ち、先輩も気づいた。

矯正箸を買ったと告げた。

 

しかし、お礼をいったかは覚えていない。

この場を借りて申し上げたい。

何度もいわせてしまってすいません。

ありがとうございました。箸の持ち方を直せて良かったです。

 

大人になると、プラスな面をつくるというよりいかにマイナス面を目立たせないかが問われる時があると思う。箸の持ち方が良くてマイナスになることはほとんどない。そういう面でも良かった。

https://amzn.to/2QeQ5WO

全く同じものを持っています。597円です(筆者確認時点の価格)。

 

f:id:mrescape:20180906232256j:image