読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃げた先にも道はある。

人生逃げが必要な時もあります。逃げのススメや感じたことを書き綴ります。

日本サッカーは岡田武史氏を再評価することから始めよう

代表チームを2回W杯出場に導き、本大会でも指揮をとり内1回はベスト16入り。

他でもない、岡田武史氏の日本代表監督時代の功績です。

日本人監督で、なにも日本代表じゃなくてもいい、他国の代表チームでもいいのでW杯で2回指揮をとれる監督は次はいつ、現れるのでしょうか。

今世紀中に出ればいいかな、というレベルだと思っています。

現在、代表チームの監督をしている日本人は
ベトナム代表の三浦俊也監督。
ベトナムがW杯に出るには実力を考えるとまだ難しい。
その前に、海外で指揮を取る日本人がもっと増えないといけませんね。
(余談ですが三浦監督の大宮時代の、綺麗にラインが揃った中盤フラットの4-4-2は見栄えが最高でした)

次の日本代表監督、アギーレ氏来るのか⁉︎誰になるか楽しみです。