逃げた先にも道はある。

逃げた先にも道はある。 あなたの人生、続けたいのなら逃げてしまっていい。 でも、逃げても人生は続く。道は続くんだ。続いてしまうんだ。 それが楽しいか、そうじゃないかはわからない。そのことだけは忘れないでください。

マイノリティほど笑顔でいないといけないのか

http://lite.blogos.com/article/220782/

 

この記事を読んだ。

記事の内容には同意した。不機嫌な態度をとるのは幼稚さのあらわれで、職場に害をもたらすというものだ。

 

その通りだと思う。

 

最近映画を見た。黒人が出演していた。

その黒人は陽気な振る舞いをしていた。

その時ふと思った。不機嫌な態度をとっている黒人を見たことがあるのだろうか。悪役をのぞいて。

もしかしたらあるのかもしれない。しかし、私の記憶からは消えている。

この機嫌の良し悪しはあくまで一例である。フィクションの中のマイノリティは、マジョリティが望む態度に応えるようなものになっているのではないか。

では、現実はどうか。フィクションとそんなに変わらない気が、している。