読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃げた先にも道はある。

人生逃げが必要な時もあります。逃げのススメや感じたことを書き綴ります。

中二病

今日、あるビルの前を通りかかった。

6Fぐらいでは人がビルの窓を拭いていた。

屋上からゴンドラを垂らして、そこに人が乗って窓を拭いていた。
今日は風が強かったから、揺れるだろうなと考えていた。

日給いくらぐらいなんだろう、そしてこういう危険な作業こそロボットに任せていいのではと思った。

もはや技術的にはロボットで代替できる労働はたくさんあるんじゃないか。

しかし、それでは人間の雇用が確保できなくなってしまう。

だから、食い止めてるんだよ。大きな組織が。

人の機会を守るために。

それでもいつかはやってくるよなぁ。
今よりはるかにロボットが人間に取ってかわる日が。
そう考えると、労働の対価として金銭を受け取って、金銭を使って物品を買い、命をつなぐ。

そんな当たり前のことも古い常識になって…(今でも岡田斗司夫氏の評価経済社会なんかはそういう文脈なのかな)
いくのかな。どうなんだろうね。

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

広告を非表示にする