逃げた先にも道はある。

人生逃げが必要な時もあります。逃げのススメや感じたことを書き綴ります。

あー日経MJ読みたい。日経MJを定期購読したいよ。

Nikkei Marketing Journal

 
日経MJとは、日経Marketing Journalの略です。昔の名前は日経流通新聞といいます。
隔日刊で、週3回発行されます。
定期購読料は2097円(税込)/1ヶ月
1ヶ月で12回発行されるとして、1回当たりだと180円弱ですね。
 
ヒット商品番付」をご存知ですか?
 
これは日経MJが行っています。
 
以前いた会社で読んでいました。流通にも片足を突っ込んでいたので、会社が定期購読をしていたのです。
 
休日出勤の土曜日(週2〜4回ありました)の午前中、人が少ない事務所で缶コーヒーを飲みながらその週の日経MJをまとめ読みするのはささやかな楽しみでもありました。1番年下でぺーぺーの社員だったから平日読むわけにもいきませんからね…
 
日経MJで1番面白いのは新製品を掲載しているコーナーです。調べたら単純に「新製品コーナー」と呼ばれているようです。
 
食品や日用品、雑貨等様々な業種の企業がリリースした新製品がまとめて掲載されます。
ここまで網羅的に新製品を見られる機会は他ではありません。
こんなのが出たんだ、面白そう!とか、おいしそう!とか。
へぇ、あの会社がこんな商品出したんだ!といった新鮮な発見があります。
知的好奇心が満たされます。
うまく使えば会話のネタにもなります。
 
最近日経MJに触れる機会がなくなって、さみしさを感じています。思い切って定期購読!も考えていますが、日々の財政的な事情もあり踏みとどまっています。
上記リンクの公式サイトで情報も得られるようだし、そこでひとまず我慢ですね。メールマガジンも配信していましたので早速登録してみました。
 
流通•小売業の方ならご存知だったとは思いますが、さすが日経という感じで質の高い情報を得ることができます。
どうやってお客さんにモノを買ってもらうか?
売り場の工夫といったところからwebマーケティングまで、売り手のマーケティング戦略の情報を網羅的に得ることができます。
本当にいろいろなやり方があって、とても勉強になります。
1年以内には定期購読できるぐらいの財政状況にしてやろうと思います。