逃げた先にも道はある。

人生逃げが必要な時もあります。逃げのススメや感じたことを書き綴ります。

カズさん、J3が(きっと)待っています。

キングカズこと、三浦知良選手。
横浜FCに移籍して10年目の今季、負傷により苦境に立たされています。


左脚付け根の負傷で、復帰も未定ということです(という状況にも関わらず最近地元チームとの対戦で横浜FCが来た時、試合中継を行った地元テレビ局のラテ欄には「キングカズ出場なるか」と書かれていた。出れるわけないのに。視聴率稼ぎにしてもひどい)。

いちファンとして非常に余計な心配をしますと、カズ選手が復帰をしたとしても選手として居場所を取り戻せるのか、と考えてしまいます。
もしかしたら、他に移籍した方がいいのではないか。

そこで、J3リーグです。

今年発足したJ3ですが、認知はまだまだです。条件さえあえば、どこか獲得しないかなと思っています。

SC相模原の「高原効果」

J3に所属するSC相模原は、今季元日本代表の高原直泰選手を獲得しました。シーズン始まってすぐのことでした。通常移籍はシーズン開幕前に行われます。タイミングと、高原選手のネームバリューと、そして移籍先がJ3ということでサッカー界では話題になりました。

ここでSC相模原のホームゲームの観客数を見てみます。

3/9 vs金沢  0-4 2873人
3/16 vsYSCC 2-0 2183人
-------高原出場----------
4/5   vs秋田  3-0  3315人
4/20 vs藤枝  2-1  3223人
4/29 vsU-22  0-1  4079人
5/11  vs長野  2-2  4258人

高原選手加入後、じわじわと伸びているのがわかります。

人気商売ですから、やはりネームバリューも大事です。高原選手も日本有数の選手です。それを上回る人気の選手は限られています。その中でもJ3の底上げや知名度向上にマッチしそうなのが、カズ選手なのです。

しかし、カズ選手は横浜FCから出られない!?

噂によると横浜FCに出資しているスポンサーのいくつかは、カズ選手がいることをひとつの理由にしているところもあるということです。
横浜FCも決して金満クラブではありませんから、カズ選手移籍=スポンサー数社と契約終了になってしまうのは避けたいというのもあるかもしれません。

それでもどうなろうと、現役にこだわるカズ選手を応援します!復帰をお待ちしています!

やめないよ (新潮新書)

やめないよ (新潮新書)

おはぎ

おはぎ